花園の墓守

小説

継続者だって仕事する!

コーネル・リヴァイヴァルには婚約者がいる。だが、その婚約者が密かに会っていた女性は学園の臨時講師だった。臨時講師の名前は、ファレンといった。
小説

だけどきっと、悪くない

「花園の墓守 完全版」終了後のお話。衛と影生さんの最期を待つ穏やかな覚悟のやりとりです。
小説

花園の墓守 エピローグ

花園の墓守エピローグ。「信じられなかった」
小説

花園の墓守 貴海編第六章『手を振り払い、つかんで放さないで』

花園の墓守貴海編「由為」。「そうか。じゃあ、さよならだな」 「はい。さよならです」
小説

花園の墓守 貴海編—由為—

花園の墓守貴海編「由為」。「……ころすって、なんですか」 「由為が俺の核となる字を壊すことだよ。二度と話さない。動かない存在に俺を変えるんだ」
小説

花園の墓守 貴海編第五章『最後の昼』

花園の墓守貴海編第五章。「生きなくては成長しなくてはならないの。必ずしも現状を改良していかなくてはならないの?」
小説

花園の墓守 貴海編ー衛—

花園の墓守貴海編幕間「衛」。「衛はどこに行く」
小説

花園の墓守 貴海編第四章『最後の夜、最後の朝』

花園の墓守貴海編第四章。「此岸最後の賭けが始まる」
小説

花園の墓守 貴海編第三章『何が為の抗いか』

花園の墓守貴海編第三章。「由為も、衛も貴海も、明日を迎えに行く」
小説

花園の墓守 貴海編第二章二話『望まぬ未来』

花園の墓守貴海編第二章二話。「ファレンと貴海と、弦と」
タイトルとURLをコピーしました