小説

小説

花園の墓守 衛編第六章『滅びを知って』

花園の墓守衛編第六章。「滅びを知って、避けられないと分かって、衛も由為も貴海もそれぞれが答えを出す」
小説

花園の墓守 衛編 第五章『話し合い』

花園の墓守衛編第五章。「彼岸の管理者と、花影たちとの真剣トークバトルが始まる」
小説

花園の墓守 衛編 第四章『由為の返還』

花園の墓守衛編第四章。「由為は返ってきた。衛と七日は喜び、きさらは行動する」
小説

花園の墓守 衛編 第三章『現実』

花園の墓守衛編第三章。「衛はようやく自分の願いを弦に指摘される。二度目の花盗人、勝負の結果は、由為の花は誰の手に渡るか?」
小説

花園の墓守 衛編 第二章『対決は花園にて』

花園の墓守衛編第二章。「由為を目覚めさせる花を巡っての花影との戦い。それは悲惨な結果に終わった。」
小説

花園の墓守 衛編 第一章『花影との再会』

花園の墓守衛編第一章。「由為が眠りについて三年の月日が経った。七日は強くなったが、衛はいまだ自分がすべきことに迷っている。それでも花影との再会は避けられなかった」
カードワース

あなたを狙い撃つ魔法の矢はツンデレの証なの

カードワースの「無音の楽団」カクヤ←サレトナ。サレトナがツンデレ時々魔法の矢をカクヤに撃ち込んでいるというしっとりラブコメディ。
小説

クリスマスマーケットにて祝福を

クリスマスマーケットを満喫するたかファレ、を見つめる貴海の友人「ラクゴウ」のお話。
小説

ファレンさんの秘密

たかファレ日常シリーズ。ファレンさんの最近の秘密。
カードワース

強くなればいいのに

カードワースのソレシカ→タトエ小説(少しBL?)。三人称のタトエ視点になります。どうしてソレシカは自分のことが好きなのか気になるタトエだけれども、ソレシカはなかなか理由を話さない。
タイトルとURLをコピーしました