小説

カードワース

歩くための崩落

短い、カクヤとサレトナの告白する話。だけどまだ両想いにはなりません。
カードワース

凱旋の声を上げる刻

タトエが依頼で怪我をしてソレシカが落ち込んでから、仲間のありがたさを噛み締める話。
カードワース

刹那の幸福という居場所

レクィエ→←クレズニ。裁縫から始まる、幸福についての話。
カードワース

ジェラート好みは千差万別

無音の楽団のみんなが、ソレシカとタトエの買ってきたジェラートを食べる。サレトナちゃんが可愛い。
小説

花園の墓守 エピローグ

花園の墓守エピローグ。「信じられなかった」
小説

花園の墓守 貴海編第六章『手を振り払い、つかんで放さないで』

花園の墓守貴海編「由為」。「そうか。じゃあ、さよならだな」 「はい。さよならです」
小説

花園の墓守 貴海編—由為—

花園の墓守貴海編「由為」。「……ころすって、なんですか」 「由為が俺の核となる字を壊すことだよ。二度と話さない。動かない存在に俺を変えるんだ」
小説

花園の墓守 貴海編第五章『最後の昼』

花園の墓守貴海編第五章。「生きなくては成長しなくてはならないの。必ずしも現状を改良していかなくてはならないの?」
小説

花園の墓守 貴海編ー衛—

花園の墓守貴海編幕間「衛」。「衛はどこに行く」
小説

花園の墓守 貴海編第四章『最後の夜、最後の朝』

花園の墓守貴海編第四章。「此岸最後の賭けが始まる」
タイトルとURLをコピーしました