小説

小説

花園の墓守 貴海編第六章『手を振り払い、つかんで放さないで』

花園の墓守貴海編「由為」。「そうか。じゃあ、さよならだな」 「はい。さよならです」
小説

花園の墓守 貴海編—由為—

花園の墓守貴海編「由為」。「……ころすって、なんですか」 「由為が俺の核となる字を壊すことだよ。二度と話さない。動かない存在に俺を変えるんだ」
小説

花園の墓守 貴海編第五章『最後の昼』

花園の墓守貴海編第五章。「生きなくては成長しなくてはならないの。必ずしも現状を改良していかなくてはならないの?」
小説

花園の墓守 貴海編ー衛—

花園の墓守貴海編幕間「衛」。「衛はどこに行く」
小説

花園の墓守 貴海編第四章『最後の夜、最後の朝』

花園の墓守貴海編第四章。「此岸最後の賭けが始まる」
小説

花園の墓守 貴海編第三章『何が為の抗いか』

花園の墓守貴海編第三章。「由為も、衛も貴海も、明日を迎えに行く」
小説

花園の墓守 貴海編第二章二話『望まぬ未来』

花園の墓守貴海編第二章二話。「ファレンと貴海と、弦と」
小説

花園の墓守 貴海編第二章一話『望まぬ未来』

花園の墓守貴海編第二章一話。「貴海と、誰にも見えないファレンがついに此岸へ渡る」
小説

花園の墓守 貴海編第一章『滅びの三歩手前』

花園の墓守貴海編プロローグ。「滅びの予感が物語を動かす」
カードワース

無音の楽団リブースト! 4

無音の楽団が再始動するまでの二人称小説。第四話。日付は執筆した日です。
タイトルとURLをコピーしました