成瀬 悠

小説

花園の墓守 衛編 第三章『現実』

 衛は二回目の花盗人が始まる朝に、自室で一人考えていた。 どうしたら花影たちと拮抗できるのか。前回は滅びた彼岸という場に適応できず、花嬢に押さえ込まれて何もできなかった。 まずは滅びた彼岸で行動できるようにならなくてはいけないが、そのため...
小説

花園の墓守 衛編 第二章『対決は花園にて』

 平穏の日を一日挟んでから、花盗人を決行する日は訪れた。昼食をすませて、勝負の条件に挙げられた花を手にして、屋敷を出る。 彼岸の花園で花影たちと対峙した。 青い花園には衛と弦、七日がそれぞれの得物を持って真っ直ぐに花影を見つめている。 赤...
小説

花園の墓守 衛編 第一章『花影との再会』

 三階の訓練場で硬い音が響き合った。 衛が木製の剣で受け、七日は槍を突くのではなく両手で握って打ち付けてくる。力は拮抗していたが、七日の一瞬の弛みを見逃さずに衛は押し返す。均衡が崩れて七日は受身をとった。足は開かずに槍も掴んだまま両腕を曲...
イラスト

2020年 ありがとうございました

 2020年の描き納め、また一年間ありがとうございましたのイラストです。 多くの方にたいへんお世話になりました。ありがとうございました。
イラスト

年賀状 2021

 あけましておめでとうございます! 今年もサイト、サークル『不完全書庫』をよろしくお願いいたします。
雑記

今年もありがとうございました。 2020/12/31

「創作と新型コロナウイルス 2020」  Twitterで「創作TALK」さんというタグを見かけましたので、二千二十年の私、成瀬悠とサークル「不完全書庫」の創作活動を振り返ってみます。内容は創作活動に限らず、同人活動の流れも多分に含...
カードワース

あなたを狙い撃つ魔法の矢はツンデレの証なの

 バレッタで前髪を止めている青年は勢いよく麺をすすった。 いまは冬だ。夏よりも遠い青空と気まぐれに浮かんでいる、カスタードをかけたらとろけてしまいそうな厚みのある雲。陽差しはベンチに座っていると眠気を誘う温かさだ。 冷たいのは北から吹き付...
小説

クリスマスマーケットにて祝福を

 新婚夫婦の旦那である貴海は、嫁のファレンの部屋をノックして許可をもらうと盛大に扉を開けた。「休日警察だ。ファレン。君を外に連行しにきた」 ラグが敷いてある床にクッションと一緒に座っていたファレンは、不敵な笑みをうかべながらゆっくりと立ち...
イラスト

クリスマスたかファレ

 2020年メリークリスマス! なプレゼントを用意している貴海さんとファレンさん。 ファレンさんが白いトナカイで貴海さんが黒いサンタさんです。  たくさんの人にプレゼントが届きますように。
雑記

『花園の墓守』更新再開します

 寒さが日々ましましの厳しさで、ヒーターと湯たんぽが離せなくなりますね。成瀬です。【衛編更新再開します】 『花園の墓守』が無事、公募に通らなかったので衛編の更新を1月2日から更新再開します! 由為編から待ち望んでいた読者様にも、テキレボE...
タイトルとURLをコピーしました