カードワース シナリオ感想「しあわせの箱」

 老人から「昔助けた少女がいまは幸せか確かめてほしい。幸せでなかったら、あげたオルゴールを壊してもらいたい」と依頼された貴海たち。
 幸せとは何かを考えてしまうシナリオ。

 まず依頼を受けた後に、今日の夕食を宿屋の親父に言いますが。

ファレン→グラタン
ランティーネ→ナポリタン

 という希望のあとに「ハンバーグがいい」と言う貴海さんがかわいすぎてー!

 聞き込みをしていると、依頼人の捜している少女の趣味についての話になる。
 少女ことリィゼの好みなタイプらしい貴海さん。
 というのに「さすがだ貴海……!」となるファレンさん(想像)

 依頼人は少女の幸せのためにオルゴールを渡したけれど、リィゼさんは今はあまり幸せではない。
 とりあえずオルゴールを持って路地裏でどうするか考える冒険者たち。
 守形くんが最後にオルゴールを鳴らそうといいますが……。

 ねじを回して、突如現れたオルゴールの精。
 オルゴールの精の話を聞いて、依頼人の「リィゼが幸せでなかったらオルゴールを破壊してくれ」という頼みを実践するかどうか。しばし考えていたら、また守形さんが口を開きます。
「とりあえず依頼人のところへ持っていこう」
 ただ破壊して「こうしてみんな幸せになれませんでした」ではなく、みんなが楽しくないといやなお祭り男。さすが。
 今回のシナリオで初めて守形さんがメインの場面ができましたが、いいなあ。言われたことだけやらない少年な守形さんが良い。

 オルゴールの精は実態を取り戻して、リィゼを再び幸せにすると決意。
 冒険者たちは宿へ戻る途中に幸福についていろいろ考えますが。
クーシン「宿に帰って、リクエストの飯が食えたら幸せ。今の私達にはそれで良いじゃないか」
貴海「そうだな、それが丁度いいな」
 クーシンさんの年上らしさを感じます。

 
 そしてみんなは宿でシチューを食べた。終了。

(おまけ)
 クーシン「貴海君はハンバーグが好きなんだね」
 貴海「はい。素直に美味しいので」
 クーシン「素直に美味しくない食べ物もあるのか」
 貴海「……魚介類はダメなんです」
 ランティーネ「だからこの前のシーフード専門レストランに行くとき、珍しく私にファレンさんの護衛を頼んですか」
 貴海「むき身になった姿を見て、生前、うねうねしていたと思うと……」
 守形「わかったから」

コメント

タイトルとURLをコピーしました